編集長コラム

悩みを生み出す「人と比べる」をやめたら楽になる◎編集長コラムvol.1

 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

仕事、ダイエット、美容、恋愛など、一つ悩みがクリアになったら、
また一つ悩みが出てくる…。

「悩みがない人なんているのだろうか!?」と思えるほど、
日々様々な悩みがつきないものです。

ただ本当にどうにもならない深い悩みもあるでしょうが、
大抵の悩みは自分で作りだしているのではないかと、
最近考えるようになりました。

大抵の悩みは人と比べることから生まれる

多くの悩みを生み出す原因は「人と比較すること」です。

突然ですが、私が小学生の頃抱いていた悩みの話を
させてください。

当時「周りの子の家には普通にある車が、うちにはないこと」が
大きなコンプレックスとなっていました。

ある日学校の授業で、どういう流れでそうなったのかは忘れましたが、
先生が「うちに車がない人」に手を上げさせる場面がありました。

手を上げるのが猛烈に恥ずかしく、早くこんな話題が終わってほしいと
心の中で願っていた記憶があります。

車は維持費もかかりますし、持つかどうかの選択は、
それぞれの家庭のライフスタイル次第です。

今思えば悩むにはあまりにちっぽけな問題ですし、
「そもそも人と比較することでもないだろ!」と笑ってしまいます(笑)

しかし笑った後で気づくのです。

「あれ、待てよ。大人になった今だって同じように、
人と比べてもしょうがないことで比べて、自ら悩みを
作っていること、たくさんない?
むしろそんな悩みばかりじゃない?」と。

あなたが今抱えている悩みを思い浮かべてみてください。

「○○ちゃんみたいにちゃんとした企業に就職すればよかった」
「○○さんは容姿端麗で、仕事もできて、それに比べて私は…」
「私は人より太っているから…」
「みんなはもう結婚しているのに、私はできていない」など、

「周りの人との比較」で悩んではいないでしょうか。

「人は人。自分は自分」と思えるようになれれば、
とても楽になります。

比較する自分を肯定しつつ、なりたい自分になる努力をしよう

そうはいっても、無意識のうちに比較してしまうのだから
それを止めろと言われても無理な話かもしれません。

人と比較してしまうこと自体はしょうがないこと。
そんな自分をまずは肯定してあげましょう。

問題はそこからです。

一番良くないのが人と比較して、落ち込んで、
嘆いてばかりで何もしないこと。

今の自分に納得がいっていないなら、改善するために
できる努力はないか考える。

環境に満足できないなら、変えられる方法はないか模索する。

努力でどうにもならない問題なら、その問題に対する
とらえ方を変える。

周りの人や世間の正解にとらわれることなく、「本当に自分が
なりたい自分や、生きたい人生は何か」を考えた上で、
それに近づく努力をしてみると、少しは良い方向に
向かうのではないでしょうか。

そういう私もついつい人と比較しがちなので、そんな時は
次の言葉を思い出すようにしています。

「自分にないものではなく、あるものに目を向ける」

この記事が気に入ったら
いいね!お願いします♪

最新情報をお届けします

        
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly
Sugawara Madoka

Sugawara Madoka

投稿者の記事一覧

30jewel編集長

学生時代から悩んだ時や苦しい時に本やテレビなど、
メディアに助けられた経験から、
「メディアを通して人を幸せにしたい」という想いで
ライティング、web編集の仕事をしています。

人の素敵な想いに触れると、
自分の中に閉まっておくにはもったいなくて、
全力で人に伝えたいと思ってしまう性分。

関連記事

  1. 嫉妬心は「心から求めていること」を教えてくれる便利なもの◎編集長…
PAGE TOP